2013年05月18日

アカクビナガハムシほか 続き

ヒメマルカツオブシムシ?A.JPGヒメマルカツオブシムシ?B.JPGアワダチソウグンバイ@.JPGアワダチソウグンバイA.JPG
posted by フ〜スケメンバー at 07:05| 山梨 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカクビナガハムシほか

アカクビナガハムシ.JPGアカクビナガハムシの付いていた植物(サルトリイバラ?).JPGツチカメムシ.JPGヒメマルカツオブシムシ?@.JPGふと目を凝らすと、何やら見かけぬ顔。アカクビナガハムシだ。体長は8oほど
だが、今まで見てきたハムシと比べるとかなり大きく感じる。食草はシオデやサ
ルトリイバラだ。今回見つけたのは蔓性植物の上で、それ自体には茎に棘が生え
ているためサルトリイバラのように思える。ただ僕はサルトリイバラの葉は円形
であるイメージがあってどうも釈然としない。固定概念とは厄介だ。

捕まえたアカクビナガハムシはルーペと旧型のコンパクトデジカメ駆使しながら
写真を撮ることにした。しばらく試行錯誤していると目の前をちらりと黒い影が
横切る。ツチカメムシだ。すかさず捕まえ、彼にはケースの中で出番を待ってい
ただく。

写真も撮り終え、次は歩きながら道路のわきにある雑草(?)を見て回ることに
した。通りかかる人目を横に何かいないかと探していると、キクの花の上に何か
小さな甲虫が群がっている。模様、大小共に様々で、パッと見はテントウムシの
ようだ。図鑑で引いてみたところヒメマルカツオブシムシがそれっぽい。やつら
は、毛織物の害虫らしい。だが、カツオブシムシとはなんともかわいくない名前
だ。

名前と言えば僕の中で憧れの虫の一つが、軍配団扇が名前の由来のグンバイムシ
だ。今回探してみたが拍子抜けするほど簡単に見つかってしまい、その後そこか
しこで見られて少しがっかりしたが、それでもその造形は「素晴らしい」の一言
であった。レースのような羽とそのシルエットは進化の不思議さを考えさせる。
ちなみに、僕が発見したのはアワダチソウグンバイで名前の通りセイタカアワダ
チソウに付く虫であり、宿主と同じく彼らもまた外来種である。


しゃこ


参考文献
・「日本の昆虫1400 @チョウ・バッタ・セミ」 槐真史 文一総合出版 (
2013)
・「増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 福田晴夫 南方新社 (
2009)
・「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花 離弁花」石井英美ほか 山と渓谷社(
2000)
posted by フ〜スケメンバー at 07:02| 山梨 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

「まとめ」 訂正

P1040979.JPGナガメと間違えてホソハリカメムシを二枚のせてしまった。締りが悪いなぁ。
posted by フ〜スケメンバー at 09:41| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まとめ

P1040947.JPGP1040988.JPGP1040934.JPGP1040934.JPG5月もあと少しで折り返し地点だ。風のにおいも夏を思わせるようになってきた。

「これはクロボシツツハムシだったと思います。こっちはヤツボシツツハムシ」。
3週間ほど前とあるフィールドでハムシを見つけて舞い上がってる僕に、つきみ
はデジカメで過去に撮った画像を交えながら教えてくれた。デジカメには、彼が
フィールドで見てきた昆虫の記録が残っていた。
「悔しい、負けたくない」。
かくして僕もハムシを見始めることになる。

シザーケースに化粧品売り場で飼った小さなプラスチックの容器を忍ばせ、大学
に行く道中や度々連れて行ってもらったフィールドでハムシを探す。しかし、何
事にも初めは苦労がつきものである。まず、ハムシは敵を感じるとポトリと自ら
落ちてしまう。こうなるともう見つからない(たるとの立案でこのように虫を落
として見失うことを「はむはむする」と言うことにした)。また、いざ捕まえて
も初めて対峙するハムシを前にどこをどう見ればよいか分からない。さらに写真
を撮ろうにも小さいうえに容器の中で動き回るのでうまく撮れない。長年連れ添
ったデジカメもうまく使いこなせない事が露呈する。仕方がないので片手にハム
シが入った容器、もう片方にルーペ、メモは短時間でかつ手が塞がっていてもと
れるようにボイスレコーダーに吹き込み後でフィールドノートに書き写すことに
した。

そのころハムシと同時並行的に他の虫も記録することにした。カワゲラ、ムシヒ
キアブ、クチキムシ、シリアゲムシ、チョウ、ガ、オサムシ、チビタマムシ、ツ
チハンミョウ、そして後にハムシ以上にはまることになるゾウムシやカメムシ等
々。面白いのはバッタやコオロギ等のいわゆる直翅類が、見つけたのにもかかわ
らず記録が残っていないことだ。どうやら僕には彼らを面白がるアンテナがまだ
存在しないか、感度が悪いようだ。しばらくすると記録が残っていた昆虫たちも
偏りが出てくるようになる。前に少しふれたが今ではカメムシとゾウムシを追い
かけている。理由は簡単、見た目がかっこいいのと、ハムシと比べると全体的に
重量感があり写真が撮りやすいからだ(アカアシノミゾウムシなんていう極小ゾ
ウムシも見たが)。尤も写真が撮れるようになったのは自分の写真の技術がわず
かながら向上したからというのはあるのだけれど。

私事だが、今日は僕が企画に参加している観察会の当日だ。今日はどんな生き物
に出会えるか今から楽しみである。写真は、ホソハリカメムシ、オジロアシナガ
ゾウムシ、ナガメ、ヨコズナツチカメムシだ。


しゃこ
posted by フ〜スケメンバー at 09:13| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

ヒメジュウジナガカメムシほか

P1040857.JPGP1040834.JPGP1040848.JPG道すがら赤と黒が美しいヒメジュウジナガカメムシに出会う。この時昆虫図鑑を
携帯しておらず、「こいつはもしかして憧れのホシカメムシでは!」と思い込ん
だことも災いしてインターネットでの同定は難航。実際は名前の通りナガカメム
シ科に属する。体長は9oほどだった。

ホシハラビロヘリカメムシはクズなどのマメ科植物上で見られる。こちらは体長
約16o。

さらに、この日はヒメツチハンミョウも見つけた(発見者は正確にはたると)。
体長は約17o。


しゃこ
posted by フ〜スケメンバー at 00:25| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。