2013年06月19日

アミメアリ

アカメガシワの蜜腺に群がるアリを発見。アミメアリだ。

どれどれ図鑑を開いてみると、「女王はおらず、働きアリが産卵する」とある。生物はことごとく例外が存在するので面白い。

社会はどう成り立っているのだろうか。



しゃこ


参考文献
「ポケット図鑑 日本の昆虫1400A」 槐真史ほか 文一総合出版 (2013)
posted by フ〜スケメンバー at 07:46| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

オオクチブトカメムシ

歩いていたらカメムシ発見。せかせか歩いて前の人を抜かしたのに、逆に抜かし返される。

今日見つけたのはオオクチブトカメムシ。だといいのだが、最近全農協のカメムシ図鑑を見る機会があり自分の同定の浅はかさに気づいてしまった。そういえばカメムシの写真も不明種のものが多くなってきた。どうやって調べよう。


しゃこ


参考文献
「ポケット図鑑 日本の昆虫1400 @」 槐真史ほか 文一総合出版 (2013)
posted by フ〜スケメンバー at 11:10| 山梨 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

キスジセアカカギバラバチ

ご無沙汰しております。どうやら写真を添付するとアップされないようなので、ひとまず文章のみで。

今日は大学へ向かう道中で胸の赤いきれいな蜂を発見した。調べてみると「キスジセアカカギバラバチ」という何とも呼びづらい名前の蜂で、説明には「チョウ目の幼虫に寄生するハチやハエに寄生する」とあった。お気づきだろうか。僕は一瞬間をあけてからビックリした。よくもまあこんなにもめんどくさい生き方を選んだものだ。蜂の大きさは9oで、単純に考えて奇手を宿主にして得た栄養でこんなにも大きく育つものなのだろうか。ちなみに僕はこの蜂、昆虫の中ではけっこうかわいい顔をしていると思う。


しゃこ


参考資料
「日本の昆虫1400 Aトンボ・コウチュウ・ハチ」 槐真史 文一総合出版 (2013)
posted by フ〜スケメンバー at 20:37| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。